「除草剤・農薬・化学肥料を使用しない」理由

「無農薬」とか「除草剤不使用」というと単に消費者の印象が良いから表示しているわけではなく、私たちが「農薬や除草剤を使用したくない」という一方的な思い込みから、除草剤や農薬を使わない方針を表明しています。

農薬を一切使わない今でも、全部の農薬が一律に人体や環境へ悪影響を与えるとは思っていませんし、むしろ殺虫を目的に牛乳を水に溶かした液体をスプレーしただけで、それも農薬にカウントするJASの現行法じたい、農薬か無農薬かの差異をごまかしているように思っています。また麦の赤かび病や麦角菌が発生しないようイオウ剤などさえ使わない産直の無農薬小麦やライ麦などは、私たちは信用できないと考えています。「無農薬」とか「有機」というコトバだけで安易に安心だとか危険だとかは判断できないと思うのですが、そうはいっても消費者の立場で農薬の銘柄や適用、回数、ましてや少ない情報からどのように悪い農薬なのか、悪くないのかなど判断できません(そもそも農薬メーカーが自分の農薬製品を悪いなどと宣伝するはずもなく)。それでは何を信用すればよいのでしょうか。世間では有機JASなど認証制度が安心だといいますが、それもひとつでしょう。しかしある日、有機栽培をしている農家さんでタバコの吸殻をポイッと圃場へ投げ捨てる人を見たことがありますが、そんな人の無農薬、有機野菜など信用できないと思ったことがあります。結局のところ農産物の品質はその農家自身の気持ちひとつだと思うのです。消費者の立場で換言すれば「その農家や農業法人、ないしは輸入業者、販売店を信用できるか、できないか」の点につきます。

また除草剤にかんしては、選択的に雑草を枯らす(野菜は枯らさずに雑草だけ枯らす)というその化学的キモチ悪さがあって私たちは使いませんが、どれだけ体に悪いものなのかは「リンパ腫になる可能性」くらいの知識しかありません。グリホサートのように畑に残留し続け、生態系にも悪影響なものも報告されていますが、大手製薬会社などが製造販売している各種除草剤も悪い面の情報があまり分析・提示されておらず、その条件下で無邪気に施用する勇気は私たちにはないので「除草剤不使用」を決めています。うわさレベルでは除草剤が生殖機能に悪影響だとかいろいろ耳には入りますが、もろもろ関わるのが面倒なので「すべての除草剤にNO!」の方針で安全策をとっています。除草剤を使わないと口では簡単に言いますが、実際にやるのは大違いです。PACAFARMのサツマイモ圃場が3箇所、ひとつは30アール、もうふたつは5アール程度ずつ。開墾して畑にしたところなので、雑草のたくましさは凄まじいです。弦がまきつく名前の知らない雑草があるのですが、それがほかの雑草に絡み付いて、ほどきながら鎌で刈っていくのを何日もかけてはいつくばって、炎天下などは15分毎に休んで、1日に1列がやっとの日とか、とにかく昔の農家はさぞ大変だっただろう、というような状況を耐え忍んで除草作業しているのです。サツマイモに適用のある除草剤をスプレー散布している生産農家さんが除草剤を使わない私たちを知ったら嘲笑すると思いますが、「はいつくばって草刈して誰かほめてくれるとでも思っとるん?」と蜃気楼のような声がときおり聞こえる気もします。

私たちPACAFARM従業員も数年前までは都会のいち消費者でしかなかったわけですが、そのころは高価な無農薬野菜を積極的に買い求めることもなく、どちらかといえば無頓着にスーパーの野菜を疑いもせず買っていました。つまり、信用しきっていました。その後、熊本県へ引越し農業のイロハを学ぶために大学や農家で研修を受けるうち「常識」としての農薬散布や土壌消毒を何度も経験するに至り、最初はたいして疑問に思わなかったのですが、そのうち防毒マスクをつけながら「こんなに散布する必要があるのか?」と指導員や研修先の農家に質問しても「撒けるだけ撒いて、それでも虫にやられたら一巻の終わりだ」と口をそろえて言うにつけ、さらに疑念が深まる一方でした。たしかに農家は大根を作るにしても家庭菜園ではないですから10アールあたり種代や肥料代を何万円もかけ、それがキスジノミハムシに表面をツーッと食われただけで商品価値がなくなってしまう・・・まさしく「やられたら一巻の終わり」。では翻って大根に食害があっても「消費者の皆さん、汚くても大丈夫ですから」といっても、綺麗な農薬大根のほうが売れる。無農薬野菜の真価を知っている消費者ならば喜んで傷の無農薬野菜を買うかもしれませんが、そのような切実な消費者は多くはなく、その人たちだけを相手にした農業をするならば都市部にしっかりとした販売チャンネルを持っていないと、農業経営が破綻してしまいます……だとするならば、どうすればいいのでしょうか?

私たちが出した答えは「弱い野菜を栽培しない」ことです。「無農薬」実現のために品目や品種を選んでいます。農薬を使わなければ作れない野菜・果物は栽培しないことにしたのです。農薬を使わないという方針のために、たとえば自然栽培でも半分は出荷できるサツマイモ、トマトならばイタリアのサンマルツァーノ、果樹においてはイチジクなど、できるだけ病害虫に強いものを選択しています。もっとも、いままでは偶然に農薬を使わず栽培できていただけであって、ある日とつぜん病害虫に襲われて「全滅」の憂き目に遭うのかもしれませんが、それでも「農薬がなければ農業はできない」という方々に、農薬や除草剤がなくてもどうにかなるPACAFARMを見せてやりたいという気持ちもあり、私どもの都合により「無農薬」を貫いている次第です。何事もやる前から「無理」と結論付けず、まずは自分たちが実践してみようと行動しています。

ちなみに「化学肥料不使用」に関しては、健康面よりも食味を重視した結果にたどり着いた方針です。化成肥料で育てた野菜や果物は2次元的な味(個人の感想)ですが、有機肥料で育てた野菜は成長段階からイキイキしているように見えるだけでなく、食べたときにまろやかさ、甘さがまったく化成肥料で育てたものより優れています。数年前に自分たちで化成と有機を同時に育て食べ比べをしたときに、差が歴然だった経験から有機肥料に完全傾倒するようになりました。結果的に自然派農家のようになりましたが、もともとは有機農家になりたいという考えはありませんでした。「農」を志したその日から必然的に「除草剤・農薬・化学肥料を使用しない」農園となったのです。