PACAFARMについて

PACAFARM(パカファーム)は、熊本県の阿蘇の自然食品&農園です。
標高400m以上の冷涼な気候、かつ綺麗な水源でもある阿蘇(熊本県)の高原地帯で食用植物を栽培しています。有機栽培した無農薬の生産物を自社でジャムやハーブティーなど自然食品および健康食品に加工しています。

始まりは、イチジク農園
PACAFARMは健康イチジクの農園として2015年春、開園いたしました。同時に季節の野菜を生産開始。その後、阿蘇の無農薬茶園を預かり、機能性のあるハーブ類の栽培に取り組んで、ブレンド健康茶なども作っています。

健康を最優先
わたしたちが目指す品質は、家庭菜園クオリティーです。自分たちが食べる安心菜園の延長線上に開園し、いまでは季節のお野菜からハーブまで栽培、ご希望のお客様に販売させていただいております。

除草剤・農薬・化成肥料不使用
農産物は栽培期間中、除草剤・農薬を一切使用していません。化成肥料を使わず有機肥料で栽培し、また堆肥作り緑肥栽培など土壌改良にも取り組んでいます。味はもちろん、食べる人の健康を一番に考えています。

 

天然素材から自然食品・健康食品へ加工。
PACAFARMでは自分たちの畑、または協力農家様の畑で採れた野菜・果物を加工し、自然食品を生産しています。自分たちで発芽から収穫までをしっかり見守った安心な素材を、自分たちが食べるつもりで大切に丁寧に加工しています。保存料や着色料など不要な添加物は使わず、オーガニックシュガーや野菜や果物のphを活用して、できる限り農産物の味を残したシンプルな加工品で食材の保存を一番の目的に生産しています。「健康な農産物を保存加工して長く楽しみたい」を形にしたナチュラル・ファームフーズです。

 

食品製造施設のアレルギー対応。
PACAFARMの加工施設内へは、「えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生」の持込を一切禁止しております。業務委託で生産を請け負いました場合も、上記ポリシーを厳守しています。