投稿日:

足踏み脱穀機

いま倉庫の整理をしていて、大きい道具類を積極的に処分しています。処分といっても闇雲に捨てるわけではなく、ほしい人に譲って活用してもらおうと動いています。

足踏み脱穀機は、買うときは結構高かったのですが、年にそう何回も使うものでもなく、かなり状態が良く、まだ使うかな、いやもう整理しよう、そういう葛藤を経て放出することにしました。

この足踏み脱穀機は何に使うかというと、読んで字のごとく「脱穀」する道具です。穂のまま乾燥させた米や大豆、麦などを、足踏みペダルで回転させたドラムに押しあてて実を弾き飛ばして、最終的にその実を集めます。原始的なのですが「ちょい脱穀」には天才的に威力を発揮し、燃料も電源も不要ということで場所を選ばず思いついたとき、やりたいだけ脱穀作業ができる優れものなのです。

家庭菜園くらいだと便利なのですが、売るほど脱穀する場合は足がつるほどこぎ続けることになる、という欠点があります。で、放出することに決めたというわけです。

投稿日:

試しに野菜セット

お野菜セットを作ってみようと、赤タマネギ、普通タマネギ、ジャガイモ、ニンニクで箱を作ってみました。

最初は赤タマネギだけでメルカリ出品してみようかと思ったんです。でも、いくら無農薬有機だからといって、赤タマネギを大量にネットで買うひとは少ないだろうなあ・・・。

ということで、単価の高いニンニクを入れ、単価の安いジャガイモでバランスをとってセットにしてみたのです。ちなみに、うちのニンニクは「奇跡のニンニク級?」なので、これをセットにして価格のバランスを保とうと頑張ってはみましたが、なかなか野菜通販も難しいもんですね。

ちなみに「葉もの野菜」は輸送中にどうなるのか不安なので入れません。となると、芋とか根菜類ばっかりになってしまう。野菜セット通販は、あまり利益を考えずにやるしかないのかな、という印象です。

投稿日:

インゲン豆を試食します。

インゲン豆を栽培しています。いままで「棚」を作るのが面倒で、ツルナシは栽培したことは何度もあるのですが、収穫が少ないわりに場所をとるので、最近はインゲン豆を避けていました。今年は、自分で食べきれないほどのインゲン豆を育ててみようとツルアリの種を入手。冬の農閑期にビニールハウスのパイプ使って棚を作っておいたのが大正解、ツルアリが棚に絡みついてグングン生長しています。

投稿日:

桑の実ジャムの写真

今年の桑の実ジャム、もう小売店で販売しているのですが、まだホームページ用の写真を撮っていません。去年のとは瓶が変更になり、もう一度写真を撮りなおさなければなのですが、農作業が忙しいのもそうなんですが、梅雨ということもあって晴れ間がなく、外で物撮りと決めている私としては、なかなかタイミングが合わず。とりあえず、スマホで撮影してみました。今年の「家入さんちの桑の実ジャム」は、こんな感じです。

投稿日:

結局は青ナス栽培。

image

「たねのもり」で種を購入すると、たまに発芽保証期限間近の種をオマケでつけてくれることがあります。無料で種をプレゼントされるので、それは非常に嬉しいのです。嬉しいのですが、もしかして、これ(青茄子)栽培しなきゃなのか? とスケジュール表とにらめっこすると、とても栽培している余裕はありません。茄子は肥料食い、水大好き、誘引しないと倒れるし、収穫タイミングも毎日チェック……管理が大変です。

というわけで、青茄子苗を販売して皆さんに喜んでもらおうと目論んでいたのですが、すっかり売るのを忘れていました(遅霜で全滅したと思い込んでいた)。それにしても、売るにはまだ小さい苗。かといって捨てる訳にもいかないし、茄子苗はもう入手済の知り合いばかり、いまさら苗を欲しがる人も少ない。

というわけで結局、自分で栽培することになってしまったのでした。ニンニク栽培跡のマルチを活用し、ちょっとだけ手抜きですが、こうなったらたくさん青茄子を収穫するぞ!