投稿日:

イチジクの収穫スタート!

今年は第1イチジク畑のホワイトゼノアが、とうとうカミキリムシの徹底攻撃と株枯れ病(?)に負けてしまい収量がすこぶる少ない状況ですが、そんなこともあろうかと一昨年からリスクヘッジして成園化させておいたミニ第2イチジク畑とミニ第3イチジク畑のイチジクが大きく育っていて(写真)、どうにか昨年並みには収穫できそうです。

そもそも数年前よりイチジク農家としてスタートしたPACAFARMですが、カミキリムシ襲来や株枯れ病などで収穫量が当初の予定よりも、ぜんぜん増えません。一時は3反(3000平米)のイチジク栽培を誇りましたが、火山の噴火にも見舞われたりイチジク専門農家としてはちっとも成長せず。1反あたり1トンの収穫予定が未達成のまま月日が過ぎてゆきます。それでも、農薬を使わずに日々格闘している結果でして、お客様にはPACAFARMのイチジク加工品を買って応援していただきたい、義捐金も大歓迎ですというくらいの駄目イチジク農家っぷりです。

まあそうは申しましても、何年もイチジク栽培をしていると環境にあった品種や栽培方法が極まっていくもので、当初寒い地方でも栽培できるという噂だけで投資した蓬莱柿は意外と寒さに弱く今やほとんど畑にはいなくなり、東北での栽培実績のあるホワイトゼノアが良いと飛びついたのが病害虫に弱いことが判ったり、寒いからドーフィンは無理だろうと思っていたのが意外と生き残っていたり、でも実が大きくならなかったり、ビオレソリエスは大きく育てて収穫前に“いじめて”やらないと実がつかないとか(個人の感想)、ならば病気にも強いイスキアとセレスト、カドタあたりも案外強いじゃないか・・・などと具体的にあれこれ行動を取れるようには、なっています。

農業大学校に通っていたころは熊本県の職員に「イチジク栽培とかバカんこと言っとると破産して離婚されますよ」などと説教されたことを思い出します。当時は「お前だって農家でもないくせに馬鹿にしやがって」とアタマにきていたものですが、いまとなっては県職員様が老婆心で言ってくれていたのだと解るくらいに、私も人間だけは成長いたしました。でも言い方ってものがあるだろう、まあいいや。で、PACAFARMの農園ロゴはイチジクのままですが、すでにイチジク農園の看板はおろして自然食品農園という方向で営業していますので、イチジク栽培は無理をしないで少しずつ完成型をめざしてがんばりたいと思っています。イチジクは美味しいですからね、いつの日にかたくさん売りたいですよ!