投稿日:

阿蘇烏龍

私が預かっている茶畑は標高450mくらい。台湾の凍頂山の茶畑が標高500m(~800m)程度というから、いうなれば阿蘇は日本の凍頂ダヨ・・・ということで、数年前からウーロン茶生産の研究を続けてきました。凍頂烏龍茶は微発酵のウーロン茶で、追熟テクノロジー(?)で香りを引き出したモダンなウーロン茶ですが、現在私のウーロン茶は半発酵以上の福建とかの鉄観音系烏龍茶を目指しています。

なんて偉そうに言いましたが、ど素人が見よう見真似で創めたジャパニーズ烏龍茶造りですので、試行錯誤の繰り返しだったりします。昔から台湾の凍頂烏龍茶が好きだったので、阿蘇に茶畑をお借りできてすぐに「凍頂を自作してみよう」ということになったのがきっかけ。書籍やネット情報が頼りでしたから、発酵しすぎて失敗、乾燥させすぎて失敗、なんだか理由がわからないけど失敗。失敗の連続。あるときは雲南省の沱茶みたいになって(といっても沱茶のように美味しくならず)、あるときはリプトン紅茶の出来損ない。それから紆余曲折を経て「うん、鉄観音も良いよね」などとヒトリゴトをつぶやくまでに至り、現在の阿蘇烏龍茶造りへとまい進している、真っ最中です。

そんなわけで今年も、性懲りもなく烏龍茶を造っています。今年はなんといっても茶摘をしてくれるメンバー(奥さん)がいないので、自分でせっせせっせと茶摘して作業しているのですが、当初は「1人で茶摘はきついだろう」と冬の間に茶摘ハサミを購入して万全の体制を整えていました。それが実際使用してみると、茶摘ハサミは手摘みに比べて「仕事が雑!」で枝とか要らない葉っぱも採れてしまうので、それを後で選別するほうが大変ということが判明。結局は手で摘むという原始的な方法で収穫しています。世の茶生産組合さんは立派な選別機とかいろいろお道具をお持ちかと思いますが、にわか弱小茶生産工場としましては設備投資には茶摘ハサミが予算限度の精一杯。その茶摘ハサミも選別機があってこそのお道具だと判明しまして、結局のところ「手摘み少量生産体制」を維持したままの烏龍茶生産なのであります。

また「PACAFARMの少量生産自慢」をしてしまいましたが、今年はその阿蘇烏龍茶を販売しようと思えばこその予防線・・・いくらで販売しようか、HOW MUCHというわけで、後のことは考えずにどんどん生産しています。仮に「阿蘇のウーロン茶? そぎゃんもんはいらんばいた」と通りすがりの人に言われても大丈夫。烏龍茶は無酸素状態で熟成が進むので、売れ残っても年々まろやかで美味しい烏龍茶になるから売れ残り在庫の恐怖はゼロなのです。事実、20年以上熟成させた烏龍茶はフルーツのような芳香を放つといわれていて高値で取引されているほどです。

話は長くなりましたが、ぜひとも、うちの阿蘇烏龍茶をお楽しみに!