投稿日:

新・阿蘇ニンニク、できました。

思い返せば昨年の秋。1人せっせと播種して、ずっと面倒を見てきたニンニクです。農家なんだからそんなの当たり前だといわれればそれまでですが、このニンニクは私がたどり着いたベスト・クオリティのニンニク。秘策、鶏糞の少量追肥を複数回、雑草取りもかねて畑にはいつくばって、雨の日も風の日も見守り続けた子供のような存在です。厳しくするところは厳しく、甘やかすところは愛娘のごとく甘やかす阿蘇ニンニク栽培。大量生産では、こうはいきません。

まあ、正直に言えば大量生産ってウラヤマシイなという気持ちもあります。どんなに良かれと手塩にかけたところで「うまい、うまくない」は食べる人が決めることですから、言ってしまえばボクの努力などどうでもいい。それよりも、そこそこ安くて、それでいてまあまあ美味い、といった方向が世間や農政の役人にはほめてもらいやすいです。いっそのこと、機械化して薬を撒き散らしながらニンニク栽培して「むー、所得税って高い」などと愚痴ってみたいものです・・・でも。気づくと、こうして儲からないニンニク栽培を今年も続けているという次第です。

ヤニサガリ覇気のないそこらのおっさんに「儲からん儲からん言うとるけど、おたくのニンニクは高かもんね」と言われそうですが、高いです。スーパーの中国産と競って、安く売る気は微塵もありません。阿蘇の寒空、地面にはいつくばって追肥や除草をして、やっと収穫したニンニクを、おいそれと解らぬ人たちに食わせるほど、私は人間ができていません。願わくばPACAFARMの農法を心底理解してくれて、お金も「困っとるやろ、もってきなっせ」と手に握らせてくれるような、神様のようなお客様とともにありたい。

ということで、妄想のような阿蘇ニンニク栽培ではありますが、今年も(栽培期間中)無農薬&有機栽培の阿蘇ニンニクがやってきました。本日は試しに収穫してみた数株を整えて、明日あたりからGW真っ只中の皆様へ順次お届け予定です! どうぞ、よろしくお願いいたします。