投稿日:

土の消毒

昨年使用した種まき用の土を、消毒するために火を起こして煮沸します。土を消毒するだけでなく、いっしょに雑草の種も死滅させます。隠れているヨトウムシなど害虫にも悪しからず死んでもらいます。薪ストーブで土を沸騰させては古い土と入れ替え、その作業を何度も繰り返します。無菌状態の土は善玉菌も殺してしまいますが、育苗期間だけ使う培養土なのでかまいません。

通常、というか慣行農法でも土壌殺菌はマストですが、専用の薬品を使うのが常識です。土壌の完全殺菌にはクロールピクリンという劇薬で消毒するのですが、かつて農業大学校の訓練(?)でピクリンの散布実習を受けたことがあります。時限仕掛けになった装置を畑の各所に設置して、任務完了したら一斉にみんなで走って畑から逃げます。逃げ遅れると病院行き。そんな危険なめに遭いながらも、まじめな農家さんはピクリンやDD、ネマトリンなどを駆使して「きれいな農産物」を作らされています。わたしは「不真面目」で「非常識」なニセ百姓なので、自分が危険な思いをしてまで、農薬をまくつもりがまったくありません。

ちなみに、わたしは農薬が全部悪いとは思っていません。農薬がないと、おそらく人類の多くは飢え死にしてしまうことでしょう。そもそも農薬は良い悪いではなく、必要か不要かで考えています。そしてわたしの場合は農薬が必要になるような野菜は作りませんし、もし必要ならば必要なくなる方法をせっせと考えます。種まき用の土も、そこらの土で育苗したら病気が伝染するかもしれないですし、雑草の芽が出まくって育苗どころではありません。なので、通常は前述の農薬などで殺菌された「育苗用の土」を使用する農家がほとんどです。家庭菜園ですらホームセンターで売っているそういった土を使います。現実の話、育苗用の土は「必要」です。ですが、必ずしも農薬を使う必要はありません。

というわけで、原始的な土壌消毒方法。農薬を使わなくてもアルマイトの鍋ひとつで土を煮込んでしまえば消毒はできます。ただ、面倒くさいだけです。1、2枚分の土を煮沸するだけならわけないのですが、うちでは育苗トレー数十枚分をコツコツ煮沸するので、非常に面倒くさい。そのいっぽうで薪ストーブの炎をしばし呆然と見つめている時間が、とても贅沢に感じられたりもしています。

投稿日:

第33回中目黒桜まつり 試飲会

東京・中目黒の桜まつりの開催期間中、PACAFARMの新製品『気緑茶(ホーリーバジル)』の試飲&即売会を実施します。当日は阿蘇産の天日干し黒ニンニクなどの販売も予定しています。目黒川沿いの桜並木を散策ついでに、ぜひお立ち寄りください。