投稿日:

謹賀新年

あけましておめでとうございます。私は宮地地区の畑を返却して、心晴れ晴れ新年を迎えました。昨年はパートナー(妻)が体調不良で農業からリタイアしてしまい、計画が二転三転、空転、回転、反転した年でしたが、ひとまず1人で1町(1万平米)以上の畑を管理する気力と体力が損なわれ、契約途中ではありましたが8反分(8千平米)お返しすることにした、というのは前にもご報告したとおりです。

畑を返すといって「はい返します」という小作人もいるかもしれませんが、私は一応、草を刈って畑を軽く耕して、春からすぐにほかの人が作付けできるような状態で返すのが常識だと思っています。ですので、雑草などは火をつけて燃やして灰にすると畑にも良いし、片付けも楽に終わって一石二鳥というわけですが、これで小火騒ぎを起こした私はそれ以降草を燃やすわけにはいかず、結局地主様には申し訳ないのですが、そのまま雑草をトラクターで鋤きこんだのでした。それでも雑草はそのままではトラクターのロータリーに絡み付いてしまいますから、刈払機でまず雑草を処理して、氷点下の気候に何度か曝して植物の繊維を破壊してから鋤きこむのですが、それが年内に間に合うかどうかのぎりぎりで、右往左往した年末を過ごしました。

本日は畑を返して、年が明けて1日目(つまり元旦)。まだ、しみじみ思い返すような段階でもないのですが、そこはかとなく宮地地区の畑のことを思い出しています。宮地地区の畑は全部で8反弱。3つの畑で、2つが3反くらい、残りの1つが2反ちょっとの分散した立地の農地です。お借りしたときは30年から40年くらい放置してあったという3反がひとつと、軽トラがギリギリ走れるような険しい馬車道を阿蘇山へ向かった2反、そしてもうひとつは牧草地の中にぽつんと使われていなかった畑が1枚。

長年放置してあった畑は太さが30センチくらいの木が何本も生えていて、野ばらとか名前の知れないツツジのような背の低い木が密集していて、あとはツタだの葛の弦だのが縦横無尽にはびこる「荒地」でしたが、私とパートナーで3年かけて開墾し、半分以上を畑に戻したという自信作です。放置されてきた土地ならサツマイモに良いだろうと栽培してみたら予想通り、とてもおいしい芋を毎年作ることができました。とはいってももともと雑草はびこる畑でしたから、夏季の除草作業は地獄の特訓みたいなもので、とてもきつい作業でした。その重労働を思うと、うちのサツマイモを「PACAFARMは値段が高い」とかネットの評価欄で悪口言いまわる匿名の人らをピコピコハンマーで殴ってやりたい気持ちになりますが、除草剤を使わないサツマイモがどれだけ貴重なのか栽培した人間じゃないとわからないという矛盾も感じたものです。

もうひとつ思い出深い畑が、軽トラで水のない川を越えて人気のない森をドキドキしながら進むと出てくる2反の畑です。こちちらの畑も数十年放置されていたところだそうですが、地主さんが私たちに貸してくれる前に自力で開墾されたという畑で、お借りしたときには綺麗に整備されていた畑です。私はここをイチジク畑にしようと、苗木を数十本、田主丸のお世話になっている農家さんから購入して移植したのですが、この作業も思いのほか重労働。果樹の定植は地面を掘って、肥料もやって、よく混ぜて、それから埋め戻ししていくのですが、実際やるのは非常に辛いオシゴトです。それだけ苦労して定植したイチジク畑ですが、その年阿蘇山が夜中に大噴火、よりにもよって火口から5キロくらいのイチジク畑をめがけて火山灰がドカ降りして、あえなくイチジクの半分以上が枯れてしまうという憂き目に逢ったのでした。それから、そこの畑は見たくもない気分で、とうとう畑を使わなくなってしまいました。

もうひとつの牧草地にぽつんとたたずむ畑は、通りからのアクセスが良く、結局はこの畑をメインにニンニク栽培とか少量他品目野菜を栽培しました。これから畑を借りて農業を始めようとしているひとで、万が一この日記を読んできるとすれば教えますが、車道からアクセスが良い畑じゃないと日々の農業管理が大変です。麦とか大豆なら、ある程度は放っておいても育ちますが、野菜類は日々の管理が肝要なので、アクセスの良さはQoF(クオリティーオブファーミング)にとって重要なポイントなのです。ちなみにこちらの畑、イノシシの猛襲に何度か逢って損失ばかりの畑でしたが、対策としてニンニク栽培を増やした記憶があります。結果的に「阿蘇ニンニク」は味が好まれて毎年完売でしたので、悪条件も臨機応変に思考をめぐらせれば運は開けることを教えてくれた畑でもあります。

まあ、寸評程度では語りつくせない4年間の思い出が詰まった宮地地区の畑。地縁のない私たちに快くお貸ししてくれた地主の家入様に心より感謝しながら新年の挨拶に代えさせていただきます。今年は昨年とは異なる活動をするPACAFARMですが、知り合いも、そうでない方も、私どもへ愛の手を差し伸べていただければ幸いです。本年も宜しくお願い申し上げます。