投稿日:

地方移住

私も気がつけば東京から移住して7年くらい経つのですが、流れに流れて阿蘇に漂着したような移住だったことを遠い昔のことのように感じる今日この頃。思い返せば阿蘇では畑がみつからず、近隣の大津や菊池へ再移住を検討して不動産物件を何度も見に行ったものです。地方へ移住するというのは、まあ無制限に資金があればそんなに大変なことではないと思います。土地だけ買って、あとは家を建てるなり開墾して畑にするなり自由なものです。問題は、たいして資金がないのに理想の移住地を見つけようとしたときに、まあ失敗というかトラブルというか変なことに巻き込まれるものです。

ある日、菊池市の山奥に農地と山林の売り物件があるというので見に行ったのですが、その不動産を相続したご年配の息子さんというのが物件を案内してくれることになりました。周辺は何もないいわゆる過疎地なのですが、農地と屋敷がセットで350万円。まあ、プリウス1台分くらいで移住ができてしまうという価格なのですが、安いのにはわけがある。

待ち合わせた時間に売り物件へ出向くと初老の息子さんが案内してくれるわけですが、家屋は古民家というほど立派ではないものの、大きな倉庫や作業場もあって農業をやるにはなかなか良さそう。「ここで子供時代過ごしよりましたが、戻ってきたいとはいっちょん思わんですな」と息子さん。話を聞くと子供時代は農家の手伝いをさせられて、こんな田舎から逃げ出したくて一生懸命勉強したのだそう。「正直な話、こことは縁を切りたいんですヨ」と語る息子さんの身なりは良いし、ピカピカのプリウスが都会暮らしを満喫されている雰囲気が出ていました。

案内されるまま山道を進んでほどなく山林の中腹には栗の木がたくさん、畑も段々畑ではあるけれども5反以上あって茶畑もついている。立派な桜の木なども植わっていて、さぞ春には満開の花びらが拝めることだろう……と木の下へ目をやると大きな祠? 近づいて見てみると戦争死没者慰霊碑とか書いてあって、たぶん戦地へ赴きお亡くなりになった英霊たちを奉っているかなにかなのでしょう。で、どうやらそこも物件に含まれるのだそう。「戦死した親戚です。できれば毎年供養してやってください」と相続人の息子さん。戦争で若くして逝った英霊たちですから気持ちの中では敬禮ですけれども、毎年供養となれば話は別。責任が重いです。

すっかり気がめいってしまった私はそのまま山林を散策していたら、竹藪の向こうにおびただしい数の墓石を発見。腐食して崩れつつある墓標を見てみると皆同じ苗字。いわゆる相続人の息子さんの姓。まるで横溝映画のワンシーンみたいな景色に腰を抜かしそうなりました。この墓について息子さんに訊ねたら、いわゆる一族の墓地なんだそうで「あれも、よければ毎年供養してやってください」と。いやいや、自分の先祖は自分で供養してあげてください。私は菊池市から逃げるように阿蘇へ車を走らせたのでした。

安易に地方移住を考えている人がいるとすれば、その土地の歴史を意識しながら物件を探しましょう。

投稿日:

玉葱は干して、倍。

最近知ったのですが、玉ねぎの皮をむいて、天日に干すだけでケルセチンが数倍になるんだそうです。3日も干せば3倍、1週間で5倍程度に増えるとか。で、それくらい干したところで、玉ねぎの食感も風味も変わらないから、天日に干せるならば干さなきゃ損。

ということで早速ネットに入れて干しています。ケルセチンが増えたかどうかは味ではわからないのですが、ケルセチンは腎臓に良いらしいので、クレアチニン値が高い我が家の腎臓患者に食べさせようと思っています。

阿蘇の別荘地にお住まいの知り合いが玉ねぎの皮マニアで、それを干してお茶にして飲み続けたら「老眼がなおちゃったんだよ」と言っていたのを思い出しましたが、たしかにその方は老眼なしで書類を読んでいらした。七十歳を越えているのに、いまかんがえると玉ねぎパワーかも? ちなみに、その方は私よりも元気数十倍。

それにしても太陽に干すというのは、うちの黒ニンニクでもやっているのですが、当初の目的は味がよくなるからだったのですが、もしかしたら知らない間に栄養成分が倍増していたりするのかもしれません。ラッキー。