投稿日:

農地を借りるということ

先日よりお伝えしていますが、当農園の共同経営者である妻が国指定の難病になってしまい、いまは自宅療養していて順調に回復軌道に乗っていますが、農作業をするほどに回復は見込めないので(世間に思われているよりも農作業は重労働)、事業計画を見直しています。現在1町(1万平米)の畑をお預かりしていますが、当面そのような面積を管理するのが難しく、宮地地区の畑はすべて返却することにしました。

この畑は、話せば長くなるような人の縁でお借りすることができた場所で、運が良かったということだけでは片付けられない、言うなれば運命的に管理させていただくことができた農地です。ここの畑をお貸しいただけたおかげで、にわかに「農家」を名乗ることができましたし、実際「農業」と呼べる規模で栽培できたのも、この農地があってこそでした。「農家になりたい」と何も知らない都会育ちの私に「農業とはなんぞや」を教えてくれたのも農業大学校なんかではなくこの畑ですし、阿蘇山の火山灰を浴びたのも野生動物の猛襲に遭ったのもこの畑、思い出ばかりです。

農地を返却するにあたって、私が気づいたこと。それは、農地を借りるということは、その地主の家族になるということです。先祖代々の畑を耕させてもらうということが、単に畑の貸し借りを越えてその家族の一員になるようなものなのだと、畑を返却する段になってようやく気がついたのです。それまでは「遊休農地を管理する」という点でギブアンドテイクみたいな気持ちでいた自分が恥ずかしくなりました。移住当初はそこらに放置された空き地を見ては「ちょっと貸してくれればいいのに」と思っていましたが、農地は単なる貸し借りの話ではなく、地主の家族の思い出や歴史を預かるようなものだと、いまさら理解しました。

私を取り巻く環境が変化しているのだから、変化はやむをえないです。ただ、変化するときにひとつまた気づくことがあって、地主さんが私に畑を託してくれたことに感謝しつつ、「農地を借りるということ」の意味や農地法に込められた想いなどを理解したような気がしました。ちなみに写真は畑をお借りする前の2014年、地主さんに現地の案内をしていただいたときのものです。