投稿日:

ニンニク栽培準備

慣行のニンニク栽培は種を農薬の粉で白くなるほど消毒します。うちは農薬を使わないので、50℃くらいの温湯消毒を数十分ほど施します。

種ニンニクをお湯で温めることで病原菌やカビ胞子、また小さな虫などを死滅させることができます(たぶん)。やるのとやらないのとでは、翌年の収穫直前で結果が全然違います。

この方法で、もう何年もニンニクが病気になったことはありませんから、農薬使っている人にも試してほしい消毒方法です。

50℃のお湯に浸して種が死んだりしないのか、と思う人もいるかもしれませんが、いままで大丈夫だったので私は大丈夫と思います。

投稿日:

サンマルツアーノが終了しました。

本年のサンマルツァーノ、生トマトの出荷が本日をもちまして終了となりました。産直・店舗などの在庫がなくなりましたら、おしまいです。来年は『チリトマト』用にのみ栽培を予定していますので、生サンマルツアーノは本年で終了となります。これまで数年間、阿蘇国立公園の無農薬有機栽培サンマルツアーノをご用命いただき、ありがとうございました。引き続き、加工品の『チリトマト』でご指名のほど宜しくお願い申し上げます。

投稿日:

ブルース

私はただの農民ではありますが、同時にただのブルースギタリストでもあります。若かりし頃より考えていた「ブルースとはなんぞや」という問いに対して、「綿花なんじゃないか」と勝手に答えを出してみました。

ということで、今年は春先から育苗して和綿の栽培を試していました。寒い阿蘇で綿は育たないかも、そういう疑念を払拭するほど可愛い綿花が咲き誇り、いまや和綿天国。雑草にまみれて、白い綿が押し潰されそうになりながら「おう、はよ収穫せえや」と手をふっています。

綿を何に使うのかと申しますと、考えていませんでした。ただただ、一生に一度は綿花を育てて、黒人奴隷のように泣きながら綿摘みしてみたかったのです。それもこれも、ブルースのためです。で、綿花栽培してみて、収穫の大変さ、畑でせっせと摘む虚しさ。なるほど、これは「泣けるほど」、ツラい。

このツラさをチョーキングの「泣き」に活かそう……そういうネタにしかならなかった和綿栽培でした。ネタだけにタネ(種)はたくさん収穫できたので、和綿の苗などで販売予定です。