投稿日:

黒ニンニク試作

『現代農業』という雑誌にステロイドを服用している人が記事を投稿していて「黒ニンニクで風邪をひかなくなった」というのがありました。

ステロイドは自己免疫を抑制する薬ですが、免疫力を下げるわけですから、感染症にかかりやすくなります。かといって抵抗力をつけようと免疫力をアップさせると自己免疫が過剰に自分を攻撃してしまう自己矛盾を起こす。免疫力アップのハーブなどはステロイドと拮抗して体調のバランスが不安定になってしまうのです。

黒ニンニクは、数年前、私の父親が癌になって死ぬ直前まで毎日食べていたのを見ていたのであまり(信用できず)好きではなかったのですが、自己免疫と拮抗せずに体質向上が見込める(ステロイドや抗生物質を減らせる)ならばと藁にもすがる気持ちで、黒ニンニクを作ることにしました。写真はその試作第一号、本日完成分です。

フランスなど欧米では高級食材として市民権を得つつあるという黒ニンニク。高級農園(?)を標榜するパカファームとしては路線を大幅変更せずに、健康食品寄りになりすぎないよう黒ニンニクの商品化を進めています。そして……規格外品を病気の家族に食べさせて、薬に頼りっきりの難病を克服しようと計画してます。