投稿日:

F1種を使用しない方針に変更。

現在、ちまたで販売されている野菜の種には、大まかに「固定種」と「F1種」があります。固定種は代々受け継がれてきた品種が多く、PACAFARMでもトマトや唐辛子の類、葉菜類など固定種の自家採種を志向していますが、ときおり「甘とう美人(ししとう)」のようにF1種を用いることもありました。先日、とある有機農家の方に「F1種は自然交配でつくった品種のほかに、放射線を照射して故意に遺伝子異常を発生させて選抜した品種もあって、前者は良いけれども後者は良くないのではないか」と指導を受けて、はじめて「放射線による品種改良F1種」というものがあることを知りました。いままで種苗会社の利権がらみ程度のことと思い込んでいましたが、F1種が放射線による遺伝子改良種子だと知ってしまった以上は、今後扱う種に関しましてF1種を使用しない方針にしたいと思います。 ※当農園では「甘とう美人」が放射線による改良品種か、通常の人工交配品種かどうかはわかりません。