投稿日:

里芋の出荷を始めました。

里芋の「石川早生」が食べごろになったので、販売を開始しました。この里芋は熊本県西原村の無農薬&有機農家さんから種をわけてもらい栽培していたもので、PACAFARMでも農薬も除草剤も土壌消毒もなにもせず、肥料は少量の鶏糞だけで栽培しました。前作がカボチャ栽培した畑で、残肥もほとんどなかった圃場ですが、おもいのほか大きく成長しました。今年の夏が暑かったおかげか、透明感があって超美味。蒸した石川早生に塩をつけて食べるだけで……幸せになれます。

投稿日:

ヤングコーン水煮が完売しました。

『地とうきびヤングコーン水煮』が完売しました。水煮にはペーハー調整にクエン酸を用いていましたが、このクエン酸は有機JAS基準でも使用可能な添加物です。しかし新しいPACAFARMの「無添加ポリシー」ではオーガニック素材ではない添加物を一切使用しない方針にいたしますので、食品添加物のクエン酸を使用した水煮商品を製造しません。柑橘類を用いたペーハー調整が可能という情報もありますが、当面の間『地とうきびヤングコーン水煮』はSOLD OUTの扱いになります。

投稿日:

台風18号の被害。

予想よりも進路が南にずれたため大きな被害はまぬかれましたが、イチジクの畑は防風柵の一部が倒壊、建て直しになりそうです。イチジクもちょうど収穫が始まったところで強風にあおられ、多くの枝が損傷を受けたので収穫量は減少します。ほかに少量品目の圃場は大荒れに荒れていて、このまま継続出荷できるのか様子見です。それでも「最悪のシナリオ」にはなりませんでした。

投稿日:

全商品の無添加化を検討しています。

PACAFARMでは合成添加物を使用している商品はありませんが、グラニュ糖やクエン酸といった「自然食品」からみて許容されない材料が含まれているジャム、水煮などがあります。それらの製造方法を抜本的に見直そうという方向で検討を開始しました。オーガニック素材を使用することで、認証機関に頼らないPACAFARMの健康志向への取り組みが「本物」であることを自ら証明していきます。

投稿日:

イタリアンパセリ販売中。

鉄分がほうれん草や小松菜の数倍といわれる、栄養豊富なイタリアンパセリを出荷開始しました。水耕栽培ではない阿蘇の水と太陽を吸い込んだ健康野菜ですので、細かく刻んでポテトサラダやスープに入れると幸せになれます。ミキサーで青汁にすると「めちゃくちゃうまい」と評判だそうです。パカファームのイタリアンパセリは農薬も除草剤、化成肥料も使用していません。