投稿日:

「チリトマト(シーズニング)」の販売開始。

チェリーペッパー唐辛子をサンマルツァーノ・トマトで練った新感覚の簡単イタリアン調味料「チリトマト(定価:500円)」を新発売。ピザやパスタなどのイタリア料理にはもちろん、肉料理・野菜料理全般、カレーなどのインド料理やオリジナルソース作りの隠し味、またスープの味付けなどにも使えるシーズニングです。チェリーペッパーもサンマルツアーノもPACAFARM農園で農薬や除草剤、化成肥料を使わず育て、加工段階では添加物、塩も砂糖も何も水さえも一切加えず、野菜だけの美味しさを瓶に詰め込みました。

詳細ページ

投稿日:

今年は「マクワウリ」、やっていません。

昨年は道の駅阿蘇ブログ(https://blogs.yahoo.co.jp/denkuaso/55508819.html)でもご紹介いただいていたのですが、本年は「あのマクワウリ」の栽培をいたしておりません。昨年出荷したマクワウリは『甘露マクワ』といいまして、九州地方の産直店でよくみかける黄色い系とは食感がまるで違う、プリンスメロンかなにかの先祖にあたるマクワウリで、名前こそ「甘露」と呼ぶものの糖度はごくわずか、お世辞にも甘くないです。そのかわり、その芳香たるやまさしく「甘露」の響きあり、甘くて濃厚なメロンの香りそのもの。また、口に含んだときのふっくらとして滴る果汁の品格はメロン以上といっても差し支えないほど。この甘露マクワにアイスクリームを載せて食べると、ちょっとそこらの高野フルーツパーラーあたりでは食べることのできないノスタルジックな気分を味わえる、穴場的なフルーツなのですが……昨年までは少量多品目栽培に熱中していたPACAFARM、あれもこれも思いつくまま気ままに栽培した結果、炎天下で超多忙、あやうく熱中症で倒れそうになった記憶から、本年は大幅に栽培品目を絞り込んだ関係上、この美味しいマクワウリ栽培を断念したというわけです。楽しみにされていた方、お許しください。

投稿日:

「地とうきびヤングコーンの水煮」の販売開始。

最近ひそかな人気の「阿蘇地とうきびヤングコーン」が水煮で新登場。固形分が120グラム入って750円、ASOMOや道の駅などで先行販売を始めました。外国産ではなく綺麗な水と空気の阿蘇産、そしていつもどおり除草剤・農薬、化成肥料不使用のヤングコーンですから、美味しくて当たり前、健やかで当たり前の水煮です。保存をするための酸味料(クエン酸)と食塩水に浸し、さらに熱殺菌してあります。合成保存料や着色料の使用はしていません。

詳細ページ