投稿日:

サツマイモ圃場に電気柵を設置しました。

植えたばかりのサツマイモ苗のいくつかが、イノシしに荒らされて枯れてしまいました。足跡から「ヤングイノシシ」なのですが、若さゆえ食べころを知らなかったようで、確認のため掘り返したようです。迷惑な話ですが野生動物が相手ですので、急遽、電気柵を設置しスイッチをオンにしました。今年は宮地地区の二ヵ所の畑にそれぞれ1万ボルトの電圧をかけています。これらの電気柵は電流がほとんど流れないので、野生動物や人間が死ぬことはありません。電線に触れたイノシシの子供が電圧に驚いてお漏らしする程度ですが、怖がって近寄らなくなる装置です。