投稿日:

リーフレタス、ロメインレタスの販売開始。

シルバーマルチで無農薬栽培するという、西原村で新規就農する方から教えていただいたやり方を真似して、当農園でもレタス栽培を始めました。黒マルチの周囲を銀色テープで囲って栽培した、期間中農薬・除草剤・化学肥料不使用のサラダ向けリーフレタスとロメインレタス。今回はテスト栽培の意味もあるので、少量生産です。結球レタスと違って、食べるとしっとりとした歯ざわりと甘さが際立ちます。見た目も美しく、食べるのが惜しいほどです。

投稿日:

ズッキーニの販売を開始しました。

昨年、阿蘇の瞬間暴風で全滅したズッキーニですが、今回はビニールハウスのビニールをはがし、防風ネットを張った環境で育成しています。このまま問題がなければ、順次出荷を拡大予定です。こちらのズッキーニもほかの野菜と同じ栽培期間中(実生からの育苗期間も含め)農薬、除草剤、化成肥料を一切使用していません。

投稿日:

「やきいもジャム(紫芋)」の最終出荷。

阿蘇道の駅などで売っているPACAFARM「やきいもジャム(紫芋)」ですが、現在出荷分で最終ロットとなります。「やきいもジャム(金団)」も在庫わずか、まもなく今期分は終了となります。次回は秋の自然栽培サツマイモ収穫後から製造を開始する予定です。

投稿日:

『家入さんちの桑の実ジャム』、6月23日より販売開始。

PACAFARMがお借りしている畑の地主、西町・家入さんが先祖代々畑のシンボルツリーとして護ってきた桑の木は、阿蘇山を背に大きく聳え立っています。その桑の木によじ登り、一粒一粒手摘みで集めた桑の実を、丁寧に芯をとり、余計なものを加えず砂糖だけで煮詰めてジャムにしました。限定生産50個、「わくわく広場」ほか阿蘇テレワークセンターASOMOなどにて販売いたします。

家入さんちの桑の実ジャム

投稿日:

サツマイモ圃場に電気柵を設置しました。

植えたばかりのサツマイモ苗のいくつかが、イノシしに荒らされて枯れてしまいました。足跡から「ヤングイノシシ」なのですが、若さゆえ食べころを知らなかったようで、確認のため掘り返したようです。迷惑な話ですが野生動物が相手ですので、急遽、電気柵を設置しスイッチをオンにしました。今年は宮地地区の二ヵ所の畑にそれぞれ1万ボルトの電圧をかけています。これらの電気柵は電流がほとんど流れないので、野生動物や人間が死ぬことはありません。電線に触れたイノシシの子供が電圧に驚いてお漏らしする程度ですが、怖がって近寄らなくなる装置です。